このブログは不読推奨ブログです。 あなたがこのサイトを閲覧した事によって生じる影響、およびそれらがもたらす結果については一切責を負いかねますので予めご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜすらん

ゼスラン錠

薬価
1錠あたり8.8円

この薬の作用と効果について
アレルギーの原因となる物質(ヒスタミンなど)の作用を抑えて、喘息症状や鼻炎症状、かゆみなどアレルギーによる症状を改善します。通常、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じん麻疹、皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)の治療に用いられます。

用法・用量(この薬の使い方)
気管支喘息:通常、成人は1回2錠(主成分として6mg)を1日2回服用します。アレルギー性鼻炎、じん麻疹、皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症):通常、成人は1回1錠(主成分として3mg)を1日2回服用します。いずれの場合も、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の通常飲む時間が近い場合は、忘れた分は飲まないで1回分をとばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

生活上の注意
眠気を催すことがありますので、自動車の運転や危険を伴う機械の操作は避けてください。アルコールを含むものを飲んだり食べたりする場合は、医師に相談してください。

副作用
主な副作用として、眠気、倦怠感、口渇、発疹、光線過敏症などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。・血圧低下、呼吸困難、のどが腫れる [ショック、アナフィラキシー様症状] ・全身倦怠感、食欲不振、皮膚や粘膜(白目など)が黄色くなる [肝機能障害、黄疸] ・鼻血、歯ぐきの出血、手足などの皮下出血 [血小板減少] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

ちらうらめもめも
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。