このブログは不読推奨ブログです。 あなたがこのサイトを閲覧した事によって生じる影響、およびそれらがもたらす結果については一切責を負いかねますので予めご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクの排気量とかうんたん♪うんたん♪

バイクの排気量区分と特徴は

さて、バイクには排気量によって色々な種類があります。

ところが各社、揃って同じ排気量のバイクを出しているのは、何故でしょう? 

その大きな理由は免許制度と税制によってで、この制度枠ギリギリの排気量を各社が出していると言う訳です。 

そこで初心者、特にこれから免許も取るし、買いたい車種もこれからカタログ見たりバイク屋で見て決めようかな方の為にその違いを簡単に説明したいと思います。

後は所有(これから取る)免許とお財布とで相談して自分にマッチした1台を決めて下さい。

ここで注意! 実は車名でCBR250とかの呼称で呼ばれていても、実は250ccはありません。250cc未満のクラスになるので実質は249ccとかになっているはずです。(カタログとか登録証を見てください)

自賠責保険は小排気量では1年でもあるのですが車検バイクとの比較の為にすべて2年にあわせました。

 50cc以下(通称 原付:原付一種:原動機付自転車・ゼロハン)

  登録場所 : 在住の市町村役場

  車両税  : 毎年5月頃に1000円

  自賠責保険: 2年 10630円

  運転免許 : 原付免許・普通自動車・自動2輪

  ナンバー : 白色の小っこいので市町村名が入る。

  制限など : 30km/h以下、二段階右折、高速道路走行不可、2人乗不可

  スクーターからカブやギヤ付きのミニバイクまでリーズナブルながら

  制限の多いのがこのクラス、但し普通自動車の免許でも運転できるのは

  ここまでなので台数は多い。

  年間経費 ¥6,315円

 90cc以下(通称 原付二種)

  登録場所 : 在住の市町村役場

  車両税  : 毎年5月頃に1200円

  自賠責保険: 2年 10630円

  運転免許 : 自動2輪(小型限定以上)

  ナンバー : レモンイエロー色の小っこいので市町村名が入る。

  制限など : 高速道路走行不可、後部座席があれば2人乗り可

  税金も保険も安いこのクラスしかも高速道路走行以外の制限も外れます。

  但し、自二免許が必要になりますので最低 自二小型限定の取得が必要。

  年間経費 ¥6,515円

 125cc以下(通称 原付二種)

  登録場所 : 在住の市町村役場

  車両税  : 毎年5月頃に1600円

  自賠責保険: 2年 10630円 原付は皆同じです。

  運転免許 : 自動2輪(小型限定以上)

  ナンバー : ピンク色の小っこいので市町村名が入る。

  制限など : 高速道路走行不可、後部座席があれば2人乗り可

   税金以外、レモン色ナンバーと同じです。単に税制上の区分?

   でも2人乗り可、30Km/h制限も外れて、馬力もあるし、任意保険

   も車のファミリーバイク特約が使用出来るなど 高速道路に乗らなけれ

   ば一番安くバイクライフを楽しめるクラスではある。

  年間経費 ¥6,915円

   ここまでが原動機付自転車です。 これは読んで字のごとく自転車です

   法律的にも125cc超えと以下では全然扱いが違います。例えば…

    原付は改造が自由である。(車両運送法の適用外の為)

     ただし、無制限ではないが、車両の大きさが原付枠に収まっていて

     道路交通法の保安部品(ライト・ホーン)が備わっていて、

     排気量が各々の基準に沿って(UPすりゃ2種とかに切替が必要)

     騒音規制をクリアしさえすれば、何をしてもいいのです。

   これが二輪自動車になると話が変わってきます。

   車検の有る場合にはフレームNOがチェックされるので、書類が付いて

   いないと登録すら出来ませんし、形式認定外の改造では強度計算書など

   の提出も必要になってきます。

 200cc以下(通称 中型バイクの車検ないバイク)

  登録場所 : 在住の陸運事務所

  車両税  : 毎年5月頃に2400円

  自賠責保険: 2年 13410円

  運転免許 : 自動2輪(中型限定以上:今は普通自二だっけ)

  ナンバー : 普通ので陸運局の管轄になる。(地方なら1県1支局だが

         大都市だと3支局とかあるので・・・県名とは限らない)

  制限など : 高速道路走行可 特に制限なし

   250cc以下と制限などは同じですが小型の車体に125cc排気量

   UPしたエンジンを載せていて扱い易い事が多い、一時期2サイクルの

   オフロード車に多かった(たしかYAMAHA DTが火を点けたサイズ)

  年間経費 ¥9,105円

 250cc以下(通称 軽自動二輪、車検ないバイク・セコハンとも)

  登録場所 : 在住の陸運事務所

  車両税  : 毎年5月頃に2400円

  自賠責保険: 2年 13410円

  運転免許 : 自動2輪(中型限定以上:今は普通自二だっけ)

  ナンバー : 普通ので陸運局の管轄になる。(地方なら1県1支局だが

         大都市だと3支局とかあるので・・・県名とは限らない)

  制限など : 高速道路走行可 特に制限なし

   重量税は新規登録時のみ、あとは車検の無いクラス。

  年間経費 ¥9,105円

 400cc以下(通称 中型バイクの車検ある奴)

  登録場所 : 在住の陸運事務所

  車両税  : 毎年5月頃に5000円

  自賠責保険: 2年 18440円 250cc以上は全て同じ

  運転免許 : 自動2輪(中型限定以上:今は普通自二だっけ)

  ナンバー : 普通ので陸運局の管轄になる。(地方なら1県1支局だが

         大都市だと3支局とかあるので・・・県名とは限らない)

  制限など : 高速道路走行可 特に制限なし

   新車から2年毎の車検が必要です。普通自二免許で乗れるMAXサイズ

   になります。 ただし維持費(車検代、車両税、保険)は、大型バイク

   と変わらないので実はメリットは所有免許のみしかありません。

   しかし、免許の制限内と言うことで車体が高い(人気)のあるのもこの

   クラスですけどね。

  年間経費 ¥17,520円(2年分を割って) 車検費用含む

 750cc以下(通称 普通自動二輪・大型バイク・ナナハン)

  登録場所 : 在住の陸運事務所

  車両税  : 毎年5月頃に5000円

  自賠責保険: 2年 18440円

  運転免許 : 大型自動2輪(昔のいわゆる限定解除)

  ナンバー : 普通ので陸運局の管轄になる。(地方なら1県1支局だが

         大都市だと3支局とかあるので・・・県名とは限らない)

  制限など : 高速道路走行可 特に制限なし

   新車から2年毎の車検が必要です。大型自二免許が必要です。600cc

   クラスのライトスポーツのクラスと750ccのクラスがありますが、7

   50ccは不人気です。大型免許を取ってしまえば、維持費は同じなので

   そのまま1000cc以上のクラスに行ってしまうので1昔前の国内仕様

   750ccの制限から出来たこの排気量は現在不人気となっていて400

   ccの同様の車種よりも中古市場は安くなっています。反対に最も買い易

   い大型バイクとなっています。

  年間経費 ¥17,520円(2年分を割って) 車検費用含む

 750cc超え(通称 1L超えはリッターバイクとかとも呼ぶ)

  登録場所 : 在住の陸運事務所

  車両税  : 毎年5月頃に5000円

  自賠責保険: 2年 18440円

  運転免許 : 大型自動2輪(昔のいわゆる限定解除)

  ナンバー : 普通ので陸運局の管轄になる。(地方なら1県1支局だが

         大都市だと3支局とかあるので・・・県名とは限らない)

  制限など : 高速道路走行可 特に制限なし

   新車から2年毎の車検が必要です。大型自二免許が必要です。750cc

   以上で1000cc超えを「リッターバイク」とも呼びます。1100c

   c、1300ccなどの車種が各社より出されています。

   しかしながら、新車価格はそれなりです。勿体無くて、マフラー、ブレー

   キ類交換程度でノーマルで乗っている事が多いです。(車検もあるしね)

   いつかはリッターバイクと夢見ますが・・・その重さと来たら・・・後輪

   を横に10cmずらす事でさえ1人では出来ません。

  年間経費 ¥17,520円(2年分を割って) 車検費用含む

 車検の有無

  250cc超えと以下で、車検の有無が分かれます。ここらが税金の大きな

  境界にもなっています。 

  1.毎年の税金が 2400円/5000円と差があります。

  2.2年毎に車検があり、車検費用が自分でやると25,000円程度、

    バイク屋にお任せで60,000円程度掛かります。

  3.車検があると言う事であまり無茶な改造は出来ません、つーか

    車検時に戻す必要があるので、したくないつーか。

    (もちろん、基準を満たしていればそのままパスできる改造もあります)

 原付と自動二輪(軽自二、普通自二)

  125cc超えと以下で、免許制度と保険制度に大きな差があります。

  1.小型限定自二/普通自二と免許が違います。

  2.自賠責(2年)が10630円/13410円と差があります。

  3.もちろん税金にも差があります。

  4.任意保険でも原付/自動二輪で同条件でも3倍程の差があります。

    この辺りは保険会社によって金額が違うので正確な値は出せませんが、

    原付で対人無制限とかで2万5千円が 125cc以上では7万くらいに

    …2輪は危険度が高いのと年齢不担保だと高いです。
スポンサーサイト

新PC PSO2ベンチ

以前と同じ初期設定の条件のまま測定

メモリを8Gに増設して

スコアは

5 4 6 !




やったねKENちゃん!数値が増えたよOTL




そんなもんかー
現実はそんなもんかー
かー
かー
かー


まぁ最低画質+最小画面にすれば15000超えるのが救いか
画質1と通常サイズの場合は5000くらい
(XP機では最低画質+最小画面でも450くらい)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。